個人事業主として軽貨物ドライバーのお仕事を考えている方が心配されていることのひとつに「毎月の経費」があります。毎月頑張って働いてたくさん稼いでも経費で手取り収入が少なければ悲しいですよね……。そんな不安を解消するべく、今回は、軽貨物ドライバーの1ヶ月にかかる経費の目安について説明します

軽貨物のお仕事にかかる1ヶ月の諸経費の目安は多くても約10万円!

経理

諸経費といっても何にいくら毎月かかっているのか?イメージがつきにくいですよね。軽貨物運送事業を営むにあたってかかる主な費用としては、使用する軽貨物車両に関係する費用が挙げられます。ローンで車両を購入されているドライバーも多くいらっしゃると思います。こうした車両購入費用に加え、ガソリン代や駐車場代、車検費用などが掛かります。
関東在住の、あるドライバーの1ヶ月あたりの経費の内訳になります。

  • 車両のローン代:20,000円
  • ガソリン代:30,000円〜60,000円
  • 保険代:15,000円
  • 駐車代:10,000円

※【関連記事】【軽貨物ドライバー】ガソリンカードがおすすめな理由とおすすめのカードをご紹介

駐車場代は都内だと最低1万円以上

軽自動車に限らず都内で車を保有する際は、駐車場代が月に1万円以上発生するケースがほとんどです。月に3万円という高額な駐車場も存在します。持ち家でない限り、このコストを削ることは難しいでしょう。

駐車場代を抑えるコツ

首都圏で軽貨物のお仕事を始めようと考えている方で、駐車場代を抑えたい方は以下の点を参考にすると良いでしょう。

  • 都内に比べて家賃相場が安い、埼玉や千葉といった郊外で借りる
  • 軽自動車専用の駐車場を探す
  • 賃貸の場合、不動産業者や大家に交渉する

企業案件を多く請け負っているドライバーの月間走行距離は約3,000km!

宅配業務をおこなっているドライバーの1日あたりの走行距離は大体40〜50kmとなりますが、企業配などでは1日に100kmほど走行する仕事もあります。
ガソリン代やオイル交換費用などの車両メンテナンス代は、走行距離に応じて変動するので、こうした業務内容の違いによって大きく異なります。

保険代は馬鹿にならない!いくらかかるのか前もって試算しよう!

保険費用は必ず必要となる経費で、自賠責保険は2年間で約20,000円かかります。また、任意保険に関しては、保険加入時の等級によって保険料が大きく変わります。例えば、初めて保険に加入する際の等級は6等級〜になりますが、この等級で保険に加入した場合は、年間で10万円以上の保険料が掛かります。
保険に関しては自分の等級を把握した上で、各保険会社に見積もりを出してもらい比較することをおすすめします。無理なく払うことができるかを試算しましょう。

車両関連で発生するその他の諸経費

車メンテナンス
  • ワイパーなどの消耗品交換費用
  • 洗車費用
  • 自動車税
  • 車検費用
  • スタッドレスタイヤやチェーンなどの備品購入費用
  • その他メンテナンス費用

まとめ

今回は軽貨物ドライバーの一般的な月の経費の目安について紹介しました。
想定している業務や自身の生活環境等をもとに、月にどれくらいの費用がかかるのかを事前にシュミレーションしてみることをおすすめします。