軽貨物ドライバーの仕事には、宅配便やチャーター便、そしてルート配送など様々な仕事があります。その中で、今回はスポット便の仕事について説明します。

軽貨物のスポット便の基礎知識

軽貨物運送におけるスポット便とは、一般的に単発で依頼をうける配達の仕事を指します。

一例として、依頼主が突発的に荷物を目的地へ運ぶ必要が生じた場合に、スポット案件として運送業者へ配送を依頼します。そういった、単発的に発生する配達の仕事をスポット便と呼んでいます。

軽貨物のスポット便が利用されるケース

スポット便は、緊急で荷物を届ける必要が生じた際に利用されることが多いです。
また、企業の繁忙期などで人手や車両が足りなくなった場合に、同業の運送業者から依頼されることもあります。他にも、大型トラックでは届けにくい配達先の場合に、スポット便が利用されるケースもあります。

チャーター便との違い

チャーター便とは、一般的には依頼主が日時を指定し、ドライバーや車両を貸し切るサービスのことをいいます。指定の時間内においてドライバーや車両を利用することができます。
これに対し、スポット便はあくまでも「単発のお仕事」となり、依頼された荷物の配達が完了した時点で業務が終了します。

スポット便のお仕事のメリット

お任せください!

最後に、軽貨物ドライバーがスポット便のお仕事を行う際のメリットをご紹介します。

高単価な案件が多い

スポット便は、緊急性の高い依頼が多いことから、高単価な仕事が比較的に多いといわれています。
運ぶ荷物の種類や距離、緊急度の高さなど、責任が求められるほど高単価になることが多いようです。

感謝されることが多い

緊急性が高い仕事が多いということで、依頼主やお届け先のお客様から感謝されることも多く、やりがいや達成感を感じることができます。
そして、配送において高い評価をもらうことができれば、再び条件の良い仕事を紹介してもらえる可能性もあります。